8年間お世話になった、大切な場所を完全に去った・・・

どれだけの人と出会い、別れ、怒ったり笑ったり泣いたりしただろう。

比較的、感情が豊かなわたしは、色々な状況や環境に少なからず影響をうけ、
影響させてきたはず。
received_10159922935355304



その中で、どれだけ、成長できたか、計り知れない。
色々な研究テーマのサポートを担当し、歓迎会や送別会をしてきて、
最後はわたしが、送別される立場になった。

この2018年2月23日は、わたしの一生の宝物。

職場出勤が最後の日、夕方16:30〜、会議室でわたしの挨拶会が始まった。

ここ2週間くらい泣きすぎたから、もう泣かないって決めて、きちんと伝えたいことを
言葉にしていいたいって決めてた。

はじめに、ずっと一緒のグループだったわたしの上長が今までの説明をしてくれた。

つぎに、自分が挨拶の出番・・

全く緊張はなかった。

感謝しかなかった。


前に立つと、やっぱり、胸にこみあげてくるものがある。

「いや、泣いてる場合じゃない」

心で想い、話しはじめた。

正直、何を話したのかよく覚えていない。

でも、時間が経つと、いいたいことはもっともっとたくさんあったはず。

この時間は、みんなに会える時間はもう、二度と戻らない。
そう思った時、急に涙が溢れ、反省と後悔の時間を過ごしたなあ。

人には、冷静に色々言えたりするのに、なんで、自分のことになると、よくわからなかったりするんだろうね。

だから、「客観的に物事を見る」っていうのが、いいんだよね。

「今」という時間は、ほんとうに「今しかない」と体感した。

だから、あなたも、今自分に出来ること、伝えたいことは「今するべき」

あとで、何時間後悔しても、考えても、時間は戻らない。  二度と…。

いままで、頭ではわかっていたのに、最後にできなかったな。
それも、思い出だなあ。ww

記憶から絶対消えないだろうしね。

沢山の言葉や、贈り物もみんなからもらって、ほんとに感謝してもしきれない。。


わたしの退職日 2/23は、以前一緒にやっていたテーマの研究員の送別会と、新しい人の歓迎会がたまたまあった。

そしてたまたま、わたしの退職が重なった。

これも、たまたまではないのかな。。

その歓送迎会にわたしもお誘いしてもらったの。

仲間から声がかかった時には、まだ、職場のみんなにはわたしの退職は知らされていなかったんだ。

もちろん、その仲間も知らなかったしね。

わたしは、一番お世話になった、一番なんでも話してきた現場のリーダーには個人的に話していたから、
そのリーダー経由で仲間から声がかかったんだ。

嬉しかったな。彼の気持ちも、歓送迎会に行けたことも。

このテーマでは、立ち上げから関わっていたので、とても想い入れが強かったからね。

最後の最後にこのテーマの飲み会に参加できたことも偶然ではなく必然かな。
研究員や仲間たちと沢山笑った。
はじめて、挨拶会での反省や後悔が消えた…。

ほんとに楽しかった。
みんなから可愛いネコちゃんのマッサージ機をいただいちゃった。

選んでくれたのは、唯一の女性研究員。
いつも、お正月にはつきたてのお餅をもってきてくれたよね。
ほんとに美味しかった!!ww

ほんとにありがとう!!大切にするからね。


ほんとに嬉しかったよ。


「これからも、このメンバーの飲み会には必ず参加したいから絶対呼んでね」


「うん!もちろん呼ぶよ」


嬉しかったなあ。

ほんとにありがとう!




ちかちゃん、ありがとう、新しい部署でも頑張ってね★
7B1F3C29-179B-4964-BEC5-44B8C3D9D356



さちゃ!みーにとってたった1人の心友・・・これからもずっと
6531E792-691A-4AD9-A1B4-28B46CCDB6C7



なっちゃん、ほんとにありがとう!これからも会おうね★
3873E8A2-31C1-4466-86D3-B1EE877378E3



たけさん、ほんとにありがとう!★また頼らせてね★
AB22331D-E272-474C-A0A4-4241CF0123A6


人のパワーはほんとにすごい!
エネルギーの交換をするだけで、なんでもできそうな気になる。

いや、できる確信がある。

わたしも、これからも、パワーを与えられる存在でいると決めた。

そして、次に会う時にはさらにさらに人間的に成長してるからね★

わたしが恩返しするから。

心に誓った。
わたしなりの覚悟をしたよ。

ほんとに今まで沢山の愛をありがとう!!!!!

そして、これからも沢山よろしくね♥️


こうして、生きられてること、ブログで気持ちをかける環境があること、目があること、手が動くこと。


そしてなにより、


「自分に感情があること」


この全てに感謝します。